Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここについて

ここではBBC製作「SHERLOCK」を中心に、海外で創作されたファンフィクション、スラッシュを紹介しています。
スラッシュの場合、カップリングはJohn/SherlockまたはSherlock/Johnが中心です。
管理人の嗜好は日本風にいえばシャーロック×ジョン(シャーロック攻め・ジョン受け)ですが、スラッシュではリバーシブルがごく普通に行われていますので、紹介している作品では日本のようにどちらか固定で描かれているわけではないことをご了解ください。スラッシュ業界的にはシャーロック受け傾向が強い気がします。なんとなく。
また、私はややジョンびいきなので、彼を中心に取り扱ったものが多くなっております。
*当サイトでのカップリング表記についてはこちらもご覧頂けると幸いです。

このサイトの意図は、二次創作作品・スラッシュ作品の「批評」ではありません。
日本人があまり読まない(ような気がする)海外の作品には大変面白いものが多いので、中でも私が個人的に好きな作品を少しでも「ご紹介」できればと考えて始めました。
なお書き手さんご本人から、ここでご紹介することについてご了解を得ているわけではありません…(一部除く)

*すべて英語で書かれた二次創作作品です。
*日本国内の二次創作の状況(作品や作家さんなど)については(基本的に)触れません。
*演じている俳優さんのファンサイトではありません。まあしょっちゅう騒いでますけど。


(以下2013.8.27追記)
*このジャンル(俳優が演じるドラマ・映画など映像に拠った、とりわけ女性向けの二次創作)は日本国内の二次創作業界では注意深く取り扱うことが望ましいとされています。その観点から考えればここもパスワード制御すべきだろうかと思わないこともないのですが、
1)ご紹介する海外の作品はすべて一般公開されているもので(年齢制限あり)、
2)本場ファンダムでは、自ら公式に殴り込んだりせずに活動している限りは問題なし(むしろ何が問題ですかという強気なムードなのがまたスゴいのですが)という考えの方が多く、
3)まあ公式もウンザリ気味ではあるものの今のところはぼちぼちファンダムに寛容
というこれまでの状況を検討した結果、私はこのままの形で続けていこうと考えています。


登場人物紹介→ (主要人物編) (サブキャラ編)

作品を楽しまれたあとのお願い → kudo!を送りましょう

タンブラーやってます。(時々、背後注意です) → Are you still there?

詳細以下へ
スポンサーサイト

続きを読む

[ドラキュラ]Child of the Night (未完)

Child of the Night (101章まで)(102-125章:仏語訳)
Author: Scribe Mozell
Rating: Expicit
Pairs: Jonathan Harker [Nicholae Calugarul]/Vlad Tepes Draculea, その他

※設定はブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」にゆるく基づいていますが、書き手さんはむしろ
それ以降に制作された数多くの映画や小説のイメージの影響を強く受けた作品だとおっしゃっています。
書き手さんにはイメージする俳優がいたようですが、読む側で自由にキャスティングしてよろしいかと思います。
※いわゆるマルチカップリングです。m/m, f/f, het,なんでも有りです。
オリジナルキャラクターがざくざくいます。ほぼオリジナルフィクションと考えてよろしいかもしれません。
※過激な暴力描写(性的なもの、それ以外も含め)があります。とくに女性に対しての仕打ちは苛烈です。

とにかく長いです。しかも未完です。
「ここで終わるんかーい!」というところで未完です。いやホント。
というかこれから先も絶対終わらないです。(書き手さんが亡くなってます・涙)
長編を攻略したい人(マルチカップリング、フェムスラッシュがダメな人は飛ばし読みでもいいと思います)に絶賛お勧めします。
なお、102章以降はファンによるフランス語訳しかありませんが、google翻訳がけっこう良い仕事を
してくれるので、英訳に変換して読むことをお勧めします。

また、スラッシュフィクションというより、日本の「やおい」(けっこう古風な)に近い作品なので、
近年のスラッシュのポリティカル・コレクトネスを重要視する雰囲気に馴染んでいる人は、眉をひそめるかもしれません。
「受けはいかにも受けらしく」「攻めはいかにも攻めらしく」
「初めての時(そうでなくても)はほぼ強姦に近い形で」
「女性キャラは主人公たちを邪魔する悪役」
日本で言ったらボーイズラブ小説が出現する前の時代の、栗本薫とか竹宮恵子とかに馴染んでいた方は、
むしろ懐かしく読める作品だと思います。

【続き以降へ】

続きを読む

[ジョン・ウィック]Fourteen

Fourteen
Author: x_art
Rating: Not Rated
Pairing: John Wick / Winston 
*おおむねJohn→Winstonです。絡みはありますが(リバあり)うっすら程度です

「大事な子犬を殺された元殺し屋キアヌが覚醒してロシアン・マフィアをだいたい80人くらい殺戮する」
というそれ以上でもそれ以下でもない傑作だった前作から2年後、期待の第2作を見たら何か滾ってきました。
ほら、みなさんキアヌ・リーブスと30年ちかくのつきあいじゃないスか?
だいたい…「マイ・プライベート・アイダホ」とか「リバース・エッジ」とかあの頃から?
あっ若者いたらごめんなさい
まさか彼が50過ぎてから何か滾る対象になるとは思ってませんでしたよ。
「コンスタンティン」は除くけど。あの時はヤバかったけど。

とはいえ実はそんなにスラッシュを読みたいわけでもナイしな~ ←ウソつけ(AO3を検索)
OFCとの絡みにもほとんど興味ないしな~(ff.netを検索)
何なのジョン・ウィックファンダム界隈ではキアヌに抱かれたい的な妄想が多いの?
世間様との認識のずれが怖い・・・

とキレ気味に検索していたら見つけました。
殺しのスキルは高いもののそれ以外は滅法不器用なジョン(だからこそ愛される)と、
そんな彼の有り様を理解して見守ることに徹しようとするウィンストン(ホテル・コンチネンタルのオーナー)
の間で、14年にわたってはぐくまれる静かな交情のゆくえを描いた作品を。
若者のようにがむしゃらに相手に迫ってゆくこともできずにじりじり焦がれるジョンと、
分別をもって相手をいなしながらも突き放すことはできないウィンストン。
言葉少なく、説明少なく、孤独の中で思いをつのらせるジョンのありようが描かれていてすごくいい。
ちょっとなんなの…わたしの好みど真ん中。ありがとう。
映画二作のストーリーをきちんと取り込んでいて矛盾がなく仕上がっているところもよろしいです。
チャプター2の後にも踏み込んだ話になっているのですが、案外こんな感じの筋になるんじゃないかしら。
(スラッシュ的要素は別にしてですが)

この二人、役者の年齢からするとオーバー50な超アダルトカップリング。
だからか、このカップリングの作品はほとんど見当たりません。
なんでやねん。サンティーノとかどうでもいいから(すいません)みんなこの二人で書かんかーい!

ところで、「ジョン・ウィック」は他作品とのクロスオーバーを書いている人がわりと多く(男性に多い気が)、
なかなかイケるなと思うのは日本のコミック「ブラックラグーン」とのコラボレーションです。
ホテル・モスクワ(というかバラライカ姐さん)とジョンの対峙とか、しびれません?


罠にはまる

「現在101章」
「最後に更新されたのが2009年」
「未完」
ついでに
「作家さんのHP現在更新なし」「アーカイブのみ」

という絶望的なファンフィクション地獄に陥っています。(シャーロックじゃないです)
まあ、あるあるですよね、海外二次創作あるある。ハハハ
昔好きだった書き手さんがrecしていたものを後で読もうとブックマークしたのだと思うのですが、
その後ファンフィクション部門のブックマーク数が膨大になり・・・すっかり中に埋もれてました。

いや実はどうでもいいんですが明日ちょっと内視鏡検査受けることになっちゃって(いきなり何の話だ)
今日すこし早めに仕事切り上げたんですよね。
で、時間があるんでちょっとブックマークを整理しようかなーとかおもって一個一個チェックし始めたら、
2つめあたりでいきなり深い海溝に落っこちた感じです。

タイトルだけずいぶん昔から知っていたのである方面には有名な作品だと思うんですが・・・
なんでや!私!101章なのに!終わってないのに-!

【追記】
執念深くあちこち探していたらさらに衝撃的な事実を知りました。
書き手さん、亡くなっていた・・・・(涙)
なぜだか125章までのフランス語訳を見つけたのですが英語版はない。
どこかにアーカイブされているのではないのか。探す!探すぞ!
もしくはグーグル翻訳にフランス語版を頑張って訳してもらうか・・・
しかしいずれにしても、未完なのです。ああああ

復活したい

長らくご無沙汰しておりました。
私の仕事の山は年間2回あるのですが その1回目が真夏なのです。
しかもコミケやってる時期。まさに今年はその三連休中。
朝電車に乗ったら今まさに出撃せんとする人々と一緒になり
帰りの電車に乗ったら戦利品をたっぷりもった人々と一緒という。

うらやましいぜチクショウ!腹たつわ!

しかも、気が付いたらその間に第4シリーズ終わってるやん・・・
7月だったんですね、BSで放映されたの。
みなさんいかがだったんでしょうか。日本ではどういう評価だったのかな。
私はもう何かすべて遠い記憶の彼方で、もう懐かしい思い出のような感じです。
でもまだ1年経ってない。

私は第4シリーズで一応完結したという覚悟でいるのですが、どうなるんでしょうね。
可能性はみんな否定してないけど、どうかなあ。
続けるとしたら色々変な伏線(笑)張ったりせずに、シンプルにホームズ&ワトソン
(&娘)の話にしてほしいなって思うんですけど。
せっかく色々とスッキリしたところだし。
ただ何となくマーティンとかもうやりたくないんじゃなかろうかって気がする。
何となくだけど。根拠ないけど。

そんなこんなで、今私ほとんどSHERLOCK系の二次創作は新作をフォローしてないのですよね。
最近は「An Innocent Man」とか読み返しています。
しばらくはスラッシュじゃなくていいかなって感じです。
もしSHERLOCKでスラッシュじゃない系でジョン中心で長い奴(特定しすぎです)で、
面白いficをご存知の方、ぜひお知らせください。読みたい。

私が最近読んだのと言えばなぜか「コンスタンティン」(2005年のキアヌのやつ)と「ジョン・ウィック」。
・・・ってどっちもキアヌやん。いやわたしキアヌの二次は絶対読まないと心に誓ったはず・・・
いや誓ったっけ・・・どうだったかな・・・うん・・・20年前くらいのことだから忘れたわ。

ちょっとSHERLOCKから離れちゃってますけど、何か面白い作品みつけたらまたぼちぼち
紹介させて頂こうと思います。

以下にお礼を一件!

続きを読む

Appendix

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。