Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここについて

ここではBBC製作「SHERLOCK」を中心に、海外で創作されたファンフィクション、スラッシュを紹介しています。
スラッシュの場合、カップリングはJohn/SherlockまたはSherlock/Johnが中心です。
管理人の嗜好は日本風にいえばシャーロック×ジョン(シャーロック攻め・ジョン受け)ですが、スラッシュではリバーシブルがごく普通に行われていますので、紹介している作品では日本のようにどちらか固定で描かれているわけではないことをご了解ください。スラッシュ業界的にはシャーロック受け傾向が強い気がします。なんとなく。
また、私はややジョンびいきなので、彼を中心に取り扱ったものが多くなっております。
*当サイトでのカップリング表記についてはこちらもご覧頂けると幸いです。

このサイトの意図は、二次創作作品・スラッシュ作品の「批評」ではありません。
日本人があまり読まない(ような気がする)海外の作品には大変面白いものが多いので、中でも私が個人的に好きな作品を少しでも「ご紹介」できればと考えて始めました。
なお書き手さんご本人から、ここでご紹介することについてご了解を得ているわけではありません…(一部除く)

*すべて英語で書かれた二次創作作品です。
*日本国内の二次創作の状況(作品や作家さんなど)については(基本的に)触れません。
*演じている俳優さんのファンサイトではありません。まあしょっちゅう騒いでますけど。


(以下2013.8.27追記)
*このジャンル(俳優が演じるドラマ・映画など映像に拠った、とりわけ女性向けの二次創作)は日本国内の二次創作業界では注意深く取り扱うことが望ましいとされています。その観点から考えればここもパスワード制御すべきだろうかと思わないこともないのですが、
1)ご紹介する海外の作品はすべて一般公開されているもので(年齢制限あり)、
2)本場ファンダムでは、自ら公式に殴り込んだりせずに活動している限りは問題なし(むしろ何が問題ですかという強気なムードなのがまたスゴいのですが)という考えの方が多く、
3)まあ公式もウンザリ気味ではあるものの今のところはぼちぼちファンダムに寛容
というこれまでの状況を検討した結果、私はこのままの形で続けていこうと考えています。


登場人物紹介→ (主要人物編) (サブキャラ編)

作品を楽しまれたあとのお願い → kudo!を送りましょう

タンブラーやってます。(時々、背後注意です) → Are you still there?

詳細以下へ
スポンサーサイト

続きを読む

復活したい

長らくご無沙汰しておりました。
私の仕事の山は年間2回あるのですが その1回目が真夏なのです。
しかもコミケやってる時期。まさに今年はその三連休中。
朝電車に乗ったら今まさに出撃せんとする人々と一緒になり
帰りの電車に乗ったら戦利品をたっぷりもった人々と一緒という。

うらやましいぜチクショウ!腹たつわ!

しかも、気が付いたらその間に第4シリーズ終わってるやん・・・
7月だったんですね、BSで放映されたの。
みなさんいかがだったんでしょうか。日本ではどういう評価だったのかな。
私はもう何かすべて遠い記憶の彼方で、もう懐かしい思い出のような感じです。
でもまだ1年経ってない。

私は第4シリーズで一応完結したという覚悟でいるのですが、どうなるんでしょうね。
可能性はみんな否定してないけど、どうかなあ。
続けるとしたら色々変な伏線(笑)張ったりせずに、シンプルにホームズ&ワトソン
(&娘)の話にしてほしいなって思うんですけど。
せっかく色々とスッキリしたところだし。
ただ何となくマーティンとかもうやりたくないんじゃなかろうかって気がする。
何となくだけど。根拠ないけど。

そんなこんなで、今私ほとんどSHERLOCK系の二次創作は新作をフォローしてないのですよね。
最近は「An Innocent Man」とか読み返しています。
しばらくはスラッシュじゃなくていいかなって感じです。
もしSHERLOCKでスラッシュじゃない系でジョン中心で長い奴(特定しすぎです)で、
面白いficをご存知の方、ぜひお知らせください。読みたい。

私が最近読んだのと言えばなぜか「コンスタンティン」(2005年のキアヌのやつ)と「ジョン・ウィック」。
・・・ってどっちもキアヌやん。いやわたしキアヌの二次は絶対読まないと心に誓ったはず・・・
いや誓ったっけ・・・どうだったかな・・・うん・・・20年前くらいのことだから忘れたわ。

ちょっとSHERLOCKから離れちゃってますけど、何か面白い作品みつけたらまたぼちぼち
紹介させて頂こうと思います。

以下にお礼を一件!

続きを読む

ノスタルジー

わたしAmazon Primeの会員なのですが、Amazon Musicでは現在、
シャーロックの1~3のサントラがプライム会員だと無料で聴けるんですよね。
今日、ふと第1シリーズのサントラを通勤途中に聴いていたら
突然のノスタルジーに襲われました。
NHK-BSでの予告編を見たときに「新しいホームズ作品!?」って興奮したよなあ。
初めて"Study in Pink"見たとき、本当にその新しさに感動したよなあ・・・
新しいシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの人物造形にしびれたものでした。
とくに、何もない部屋でベッドに腰掛け、ぼんやり虚空を見ているジョンのワンシーンは
かなり衝撃でした。ジョン・ワトソンにあれだけの暗さを与えた作品はこれが初めてだったんじゃない?

最近のロシア版ホームズのワトソンも、一見しょぼしょぼなじいちゃんですが
軍人時代を引きずった、とてもいい造形ですけど。
→ロシア版ホームズは予想斜め上の解釈が最高に面白いんですが
なぜロシアはいいホームズドラマを作れるのだろう・・・


とか考えていると、シリーズ3,4は何だかなあですけど、今週末あたり
第1シリーズから見直そうかなあなんて気分になってきました。
やっぱなんだかんだでいとおしいドラマですもん(笑)

では、拍手に一件お礼を!

続きを読む

みんなピュアだなあ

と思ってしまう私はちょっとスレすぎてるんだろうか。
いやはや、なんでしょうね。
私のtumblrのダッシュボードは比較的穏やかなんですけど、
最近チラホラ漂ってきました。
第4シリーズのシナリオの出来は確かに悪かったけどそこまで怒る!?
たかがドラマ・・・って言ったらアレですけど、いやたかがドラマ・・・
それに、Johnlock派にとってあれ以上のハッピーエンド、あります?
第一、あの程度だからまたいろいろ妄想する余地があるんじゃないの?
そもそもホームズが(たとえワトソンでも)誰かとくっついちゃったら
それはもうホームズじゃないんじゃないかなあ。

ドラマとしてのシナリオはひどいけど(←繰り返す)、
それでも私、第3シリーズのフィナーレよりは良かったと思うんだけど。
もうちょっと皆さんが落ち着いてくれるのを待ちながら、
私はめちゃくちゃ久しぶりにfanfiction.netにログインして、
6年前くらいにブックマークしてたシリーズ初期の頃のfanficを
懐かしく読み始めています。いやあ新鮮、新鮮。

拍手、コメントなどありがとうございます!
お返事などなど、以下より。

続きを読む

娘ワトソン

今の私はとにかく、子育てする二人がみたいです。
なぜか自分の父親は二人だと信じている娘ワトソンとか。
娘ワトソンをだっこしてテスコで買い物するジョンについてまわるシャーロックとか。
娘ワトソンにマインドパレスを伝授しようとするシャーロックとか。
娘ワトソンのボーイフレンドをきびしく選別するジョンとシャーロックとか。
年頃の娘ワトソンに、話しかけないで!キモい!って二人セットで嫌われるジョンとシャーロックとか。(シャーロック心外)
嫁に行く娘ワトソンを見ながら号泣する二人とか。
生まれたばかりの孫つれて帰ってきた娘ワトソンを、引退して養蜂しながらニコニコ出迎える二人とか。
孫の名前はシャーロックよ、って言われて言葉を失うじいちゃんシャーロックとか。

別にプラトニックでもいいんです。二人は。幸せでいてくれれば。

Appendix

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。