スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここについて

ここではBBC製作「SHERLOCK」を中心に、海外で創作されたファンフィクション、スラッシュを紹介しています。
スラッシュの場合、カップリングはJohn/SherlockまたはSherlock/Johnが中心です。
管理人の嗜好は日本風にいえばシャーロック×ジョン(シャーロック攻め・ジョン受け)ですが、スラッシュではリバーシブルがごく普通に行われていますので、紹介している作品では日本のようにどちらか固定で描かれているわけではないことをご了解ください。スラッシュ業界的にはシャーロック受け傾向が強い気がします。なんとなく。
また、私はややジョンびいきなので、彼を中心に取り扱ったものが多くなっております。
*当サイトでのカップリング表記についてはこちらもご覧頂けると幸いです。

このサイトの意図は、二次創作作品・スラッシュ作品の「批評」ではありません。
日本人があまり読まない(ような気がする)海外の作品には大変面白いものが多いので、中でも私が個人的に好きな作品を少しでも「ご紹介」できればと考えて始めました。
なお書き手さんご本人から、ここでご紹介することについてご了解を得ているわけではありません…(一部除く)

*すべて英語で書かれた二次創作作品です。
*日本国内の二次創作の状況(作品や作家さんなど)については(基本的に)触れません。
*演じている俳優さんのファンサイトではありません。まあしょっちゅう騒いでますけど。


(以下2013.8.27追記)
*このジャンル(俳優が演じるドラマ・映画など映像に拠った、とりわけ女性向けの二次創作)は日本国内の二次創作業界では注意深く取り扱うことが望ましいとされています。その観点から考えればここもパスワード制御すべきだろうかと思わないこともないのですが、
1)ご紹介する海外の作品はすべて一般公開されているもので(年齢制限あり)、
2)本場ファンダムでは、自ら公式に殴り込んだりせずに活動している限りは問題なし(むしろ何が問題ですかという強気なムードなのがまたスゴいのですが)という考えの方が多く、
3)まあ公式もウンザリ気味ではあるものの今のところはぼちぼちファンダムに寛容
というこれまでの状況を検討した結果、私はこのままの形で続けていこうと考えています。


登場人物紹介→ (主要人物編) (サブキャラ編)

作品を楽しまれたあとのお願い → kudo!を送りましょう

タンブラーやってます。(時々、背後注意です) → Are you still there?

詳細以下へ
スポンサーサイト

続きを読む

Omegaverse, alpha/beta/omega dynamicsについて

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいOmegaverse (omega verse / オメガヴァース)のすべてについて教えましょう…byオギ。
というか英語OKな方は、以下のリンクを見るといいんじゃないでしょうか。

・設定が生まれた背景など、一般的なことについて→fanlore

・Omegaverseで頻繁に登場する設定や用語について→Alphas, Betas, Omegas: A Primer
実に詳細な説明ですので参考になるかと。

Omegaverseは(1)「スーパーナチュラル」のファンダムから生まれた、という説と(2)いやそれよりずっと以前からあった、という説があります。小説や映画などからインスパイアされたものではなく、ファンの間から生まれたまったくオリジナルな発想なのですが、ユニークな設定にひかれた書き手たちが色々なファンダムで作品を作り出すようになり、今ではAUの中での一大ジャンルとして確立されたといっていいと思います。
ただし、作品中には9割がた(←私の脳内調査によれば)露骨な性行為の描写が存在し、かつ、男性が妊娠するという突飛な設定ゆえに、嫌悪する人も少なくありません。

以下は、omegaverseで「よく見かける設定」などを、私の適当な感想も含めて、大まかにご説明いたします。ただし、omegaverseにはそもそも確固たる根拠(原典、原作)は存在しないために、書き手の書きたいようにいかにようにも設定は変わります。書き手の数だけ設定が存在する…と考えても間違いではないので、あくまでこれは「超ベーシックな設定」とお考えいただけると幸いです。

「Omegaverse, Alpha/Beta/Omega dynamics, A/B/O dynamicsについて」。
以下冗長になりますがお許しください。

--------------------------------

続きを読む

ファンダムのはやりもの

個人的な覚書でもあるんですが、これまでSHERLOCKのファンダム内ではやった(話題になった)事象について簡単に整理したいと思います。

*随時更新(2014.3.30)。
*英語でも気にならない方でしたらこちらが親切(ちょっと古いですが)。


詳細以降へ

------------------

続きを読む

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

I believe in Sherlock

ご存じの方が多いと思うのですが、もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかもしれない
"I believe in Sherlock"。
今さらながらご紹介します。(以前も少しだけ触れました)

ライヘンバッハ後を描いた作品には"I believe in Sherlock (Holmes)"
という表現が登場することが多いのですが、
これはそもそもジョンのブログの6月16日のエントリーへのリスペクト
と言っていいかもしれません。
英国本国でのライヘンバッハ放映の2、3日後、タンブラーで#believeinsherlockと呼ばれる
ムーブメントを提唱する人が現れました。
(残念ながらご本人はアカウントをすでに閉鎖されてます)
これは、
「(SHERLOCKの世界において)シャーロックとジョンを信じるファンたちが、
ジョンのブログを見た後、二人への支持を表明するために起こすであろう行動」
を、現実世界でもやってしまおうじゃないの
というものでした。
たとえば、
掲示板に"I believe in Sherlock Holmes"の貼り紙をしたり、
ビラ配りをしたり、
地下通路の壁や公衆トイレの壁に落書きしたり、
横断幕を持ってスコットランドヤードの前に仁王立ちしたり…
というような行動です。
("I Believe in Sherlock"と同等に扱われたのが"Moriarty was Real"。
ジョンを支持する"(We are) Watson's Warriors"というフレーズが登場したこともありました)
で、それを写真にとって、#believeinsherlockというタグをつけてタンブラーに投稿する。
もちろん実際にやると法に触れたり恥知らずだったりするものもありますから、
そこは「画像を加工してあたかも実際にやったかのように見せる」という技が使われました。
中には実際にやらかしちゃった人たちもいたようで問題になってましたが…ハハハ困った奴らよ
これがタンブラーおよびツイッター上でものすごい勢いで拡散しまして一大ムーブメントに。
私はちょうどその時期にその様子を見ていたのですが、
現実世界がフィクションに浸食されていくようで、とても不思議な気分になりました。

同時に、ウェブ上の絵描きさんや文章書きさんが
自分たちの作品の中に積極的にこのフレーズを取り込んでいるので、
今ではファンダムの公式と言ってもよいフレーズになっています。
というかほんとにごく当然のように使われているので
もう第3シリーズのオフィシャルで登場しても何の疑問も抱かないかもしれない。私。

近頃はやりの赤パンツ

ここでちょっとタンブラーではやっているSHERLOCK関連のへんてこムーブメント「赤パンマンデー」について書いてみようと思います。
もうご存じのかたもいらっしゃると思いますけど、ご存じでない方へのご紹介という形で。

そもそもは最初に "Penis Friday"(…)と誰かがいいだしまして
(根拠はないけどたぶんvaleriaではないかと)
「ウィークデー終わりの金曜日にはsmutを自分のタンブラーにアップしようぜorリブログしようぜ!」
てなノリで、タンブラー上に絵描きさんがエロ絵を投稿するようになったということだったかと思います。

でその後

週の初めの憂鬱な月曜日に…"Red Pants Monday!"
という話に(これも誰が言い始めたのか覚えてませんが)なり、今度は
赤パン姿のジョンの絵
が月曜日に投稿andリブログされるようになりました。

この「ジョン=赤いパンツ」という発想は、もちろん公式とは全く関係なく、
ファンダムで人気の絵描きさんreapersun
自分のタンブラーに赤いパンツをはいたジョンの絵を投稿したところからきています。
絵自体は昨年の9月に投稿されたもので(←!背後注意!)
彼女はその後もたま~に赤いパンツのジョンを描いていたのですが、
最近になってこの"Red Pants Monday"が大流行、7月頃より彼女のアイデアを下敷きにした絵がわんさかタンブラー上で描かれるようになっています。

ちなみに
ハチの絵のついたパンツをはいたシャーロックの絵
もたま~にみかけるはずですが、これは"Bee Pants Tuesday"といいまして
これまたreapersunがおともだちのsexlockと始めた"We're not a Couple"という
お絵かきタンブラーで、やっぱり彼女がシャーロックのパンツにミツバチの絵を描いたことからきています。
(ミツバチはACDのシャーロック・ホームズが最後に養蜂の道に進んだことからきているのだと思います)
なお当該タンブラーは全編にわたり激しく成人指定ですので、環境にはくれぐれもご注意ください!

水曜日と木曜日にもなんか同じようなテーマがあったと思うんですけど…
cuddlingとかfluffとか、そういう感じだったかなぁ…。
ともかく、あきらかにわかりやすいブームになっているのは上記3つじゃないかと思います。
最近では赤パンツをテーマにした絵や物語のコンテストまで行われる盛り上がりっぷり。スゴイです。


以下、一件お返事をば!

続きを読む

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。