スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An Innocent Man

An Innocent Man
Author: Fangs_Fawn
Characters: John Watson, Sherlock Holmes, Greg Lestrade, Molly Hopper, and OMCs

モリアーティの組織を壊滅させるためにシャーロックが自殺を装ったあと、ほぼすべては彼の思惑通りに進む。彼は残された友人たちの安全を兄に任せて国外に飛び出し、それからの数年間を各地を転々としながら過ごした。
ところが帰国した彼を待ち受けていたのは思いもしなかった事実である。最も守りたかった親友ジョンは、シャーロックが当初着せられた罪を彼の共犯者として被り、それまでの2年間を犯罪者として刑務所で服役していた…。

詳細以降へ
------------------------------
スポンサーサイト

続きを読む

The Sign of Three

The Sign of Three
Author: emungere
Rated: Gen
Characters: Mycroft, Sherlock, John(非スラッシュ)

"Sign of..."とくると大概の人が想像するのはメアリー・モースタンが登場する「四つの署名」だと思うのだが、この作品は一味違っている。"もし子供時代にホームズ兄弟がジョンと出会っていたら…"という設定で書かれた、kid!lockともAUともいえる小編である。

マイクロフト(11歳)が、5歳の誕生日を迎えたばかりの弟シャーロックを連れて公園に遊びにゆく。弟は今、海賊ごっこに夢中だ。前の日の晩にプレゼントとしてあげたばかりの海賊の本も大事に抱えている。弟のなりきりっぷりにちょっとついていけないマイクロフトのそばに、ひとりの男の子(7,8歳くらい)がやってきた。誰かとケンカして学校をサボっているらしい様子の男の子だが、彼はすんなりとシャーロックの海賊ごっこに入り込む。ジョンと名乗ったその少年を手下にすることにきめた海賊"Bloodeye"シャーロックは、"Two Swords"という勇ましい通り名を彼に授けるのだった…。

と書くとほのぼのとやさしい物語のように思えるのだが、決して、それだけではない。


詳細以降へ
------------------

続きを読む

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

I wake up and I wake up and you're still dead

I wake up and I wake up and you're still dead
Author: thisprettywren
Rated: Mature
Characters: John, Molly(非スラッシュ)

クリストファー・ノーランの出世作「メメント」をモチーフにしたAU。セリフや設定の多くはこの映画から拝借されている。
…と聞いて、ノーランの映画も見たしそりゃあおもしろそうだ!と思った方はこれ以降読む必要なし。今すぐ本編を読みに行ってください。
「メメント」という映画は「頭部を強打した結果、記憶に障がいを負ってしまった男」の物語を二つの時系列で描いている。彼には過去のある一点(頭を打ったその瞬間)より以前の記憶は鮮明にあるものの、それ以降は10分ほどしか物事を覚えておくことができない。彼は次々に失われてゆく記憶を必死にメモに書き留め、写真に撮り、重要なことは自分の体に入れ墨として残しながら、自分が記憶を失うことになった事件(同時に、妻がレイプされ殺害された事件でもある)の犯人を追いかけ続ける… というのがおおまかなストーリーだった。

このAUでは、記憶を失う主人公となるのはジョン。彼は「ライヘンバッハ・ヒーロー」でシャーロックが病院の屋上から飛び降りる様子を目撃した直後、走ってきた自転車と激突して頭を強く打つ。以降、彼は記憶を失い続けている。今自分がどこにいるのかもわからない。何故そこにいるのかもわからない。今わかっているのはごくわずかなことだけだ。1)自分には記憶に障がいがある。物事を覚えておくことができない。2)繰り返し行えば学ぶことができる(はず)。3)何でもメモを残す。写真を撮る。大事なことは体に刻む。4)たぶん自分は今、シャーロックを自殺に追い込んだモリアーティの手下を探している(はず)。全てが数分のうちに曖昧に消えてゆく中で、彼が鮮明に覚えている最後の記憶は、病院から飛び降りる親友の姿なのだった…。

むしろ「メメント」を見ておらず、予備知識無くまっさらな状態の人のほうが面白く読めるかもしれない。時系列が非常にわかりにくいので一読しただけだと「???」で終わるかもしれないけども、何度か読み返すうちに「ああ、こういうことか!」と気がつき、この物語の特異な面白さがジワジワと効いてくるに違いない。

ということで
・ならば読むか!と思った方もこれ以後の紹介文を読む必要なし。
・ううーんでもスラッシュでもないし英語もアレだし面倒くさいなあ…と思った方だけ以降お読みください。
避けようとはしましたがいかんともしがたく強烈にネタバレしています。


詳細以降へ
--------------------

続きを読む

Mistaken Identities シリーズ

Mistaken Identities Series
Author:chappysmom
Pairing: none
Characters:John, Sherlock, Mycroft, etc

流感で寝込んだジョンの看病をしながら彼の持ち物をひっくり返しているうちに、ジョンの出生の秘密に達してしまう(かつ誘拐事件に被害者として巻き込まれてしまう)シャーロックを描いた"Mistaken Identities"に始まり、これまで知らされていなかった家族と巡り会うことになるジョンを描く"Free Will", 大富豪の財産相続人となってしまって困惑するジョンと、またまた事件に巻き込まれて騒動を起こすシャーロックを描いた"John Watson: Millionaire"、と、併せて9編の長短編の組み合わせから成り立っているシリーズ。時系列としてはライヘンバッハ後、二人の再会からおよそ1年後という設定になっている。


詳細は以降へ
-------------

続きを読む

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

Two Things

Two Things
Author: Helicidae
Characters: John, Sherlock, etc
Rated: Mature

1.拉致監禁ものです。
2.ジョンがおそろしくひどい目に遭っています。
3.ともかく拷問の描写が克明です。
4.ほぼ救いがないです。(解釈次第)

*カップリングものではないですが、ジョンとシャーロックの間はヘビーなブロマンスが存在すると解釈できないこともありません。

---------------
上記リンクからはAO3にアカウントがないと読むことができません。
原型は<ここ>で読めます。

Sherlock BBC kink memeでの以下のお題から生まれた作品。

John is beaten and tortured until he can only remember two things.

1. His name is John Watson.
2. He believes in Sherlock Holmes.

悲惨な物語が生まれそうな予感で皆が前のめりになった瞬間、が降臨した。


詳細は以下へ
------------------------

続きを読む

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。