スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blackout

Blackout
Author: ivyblossom
Rating: Mature
Pairing: John / Sherlock (ジョン→シャーロック。絡みは無く、受攻はほとんど関係ありません)

"The Progress of Sherlock Holmes" "The Quiet Man"の2作がシャーロックファンダムの古典的名作として語られることの多い、名手ivyblossomによる短編。スティーブン・モファットが(おそらく気まぐれに)オーディオコメンタリーで言及した「ジョンの飲酒傾向」から着想を得てつくられた物語だそうで、第3シリーズ後を舞台にしている。

詳細以降へ。若干ネタバレありかもです(すいません)
------
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

The DI and the Spy

The DI and the Spy
Author: chasingriver
Rated: M
Pairing: Mycroft Holmes / Greg Lestrade (レストレード×マイクロフト)

・ちょいと気分をかえてMystradeです。
・絡みの描写はこの作品中にはうっすらあるのみです(続編にはガッツリあります)。
・敢えて配置するならレストレード×マイクロフトでしょうか。

グレッグ・レストレード警部は出勤前の早朝にジョギングするのを日課にしている。わずらわしい事件のあれこれから解放され、静かで澄み切った朝の空気の中黙々と走る。彼にとっては至福のひとときだ。
マイクロフト・ホームズは日々、昼夜仕事に追われて多忙に過ごしている。ゆっくり食事を楽しむ暇もない。そんな彼にとって、早朝、静かに朝食を楽しむ時間はかけがえのないものだ。

その日の朝、マイクロフトはいつものように窓辺で朝刊を広げていた。とくに変わったニュースもない。ふと目を上げたとき、窓の外をひとりのジョギングランナーが走りすぎていった。一瞬のことだったが、目をひくハンサムな顔立ちで、グレーがかった髪もいい。体育会系の汗臭い男など趣味じゃないのに、何故か気になる。マイクロフトは時計を確認した。4時55分。

翌日、同じ時刻、マイクロフトは窓辺で例のランナーがやってくるのを待ちわびていた…。

---------------------------------

続きを読む

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

The Nerve

The Nerve
Author: scullyseviltwin
Rated: Explicit
Pairing: John / Sherlock (ジョン×シャーロック×ジョン)
絡みはありますが挿入にはいたりませんのでどちら寄りの方でもOKかと。
気分的にはややシャーロック攻め寄りかもしれません。

たまたまシャーロックの脇腹を突っついたジョンは「シャーロックがくすぐったがり」ということを知ってしまい、あれこれ悪戯を仕掛けはじめる。ところが、機会さえあれば彼にちょっかいをだそうと狙ううちに、だんだんと、自分が面白がっているだけなのか、それともただシャーロックに触れたいだけなのか、ジョン自身にもわからなくなってくる。隙を見たシャーロックが逆襲(笑)に転じたとき、ジョンはずっと曖昧にしてきたその自分の感情に向き合わざるを得なくなる…。

詳細以降へ

-------

続きを読む

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

It's Dogged As Does It

It's Dogged As Does It
Author: merripestin
Rated: Gen
Pairing: Lestrade/Molly, Sherlock (dog), John (cat), Jim (bird)

1.カップリングはレストレード×モリーです(絡みなし)。
2.シャーロックは、ジョンはで、レストレードが飼っているペットという設定です。
3.なんだよ、動物ものかよ…。でも大丈夫。johnlockとしても萌えるから。


男やもめのグレッグ・レストレート警部の朝は、4時過ぎにペットの犬と猫に起こされることで始まる。いくら寝室の鍵をつけかえても数日のうちに開けてしまう賢すぎる犬シャーロックと、そんなシャーロックに懐いていつも一緒にいる野良猫あがりのジョン。2匹がベッドの上によじのぼり、早く起きろとせかしてくる。わびしい男の一人住まいも、彼らのおかげでちょっとにぎやかだ。窓の外では鳥たちがかしましい。物まねできる鳥がいるらしく、どこで覚えてきたのやら、"I will burn you"なんて鳴いている。

グレッグには最近、ペットの二匹以外にも毎日の張り合いになる存在がいる。病院の遺体安置所にいる研究員のモリー・フーパーである。動物好きで自分でも猫を飼っているモリーは、気難しいシャーロックが唯一グレッグ以外に気を許した人間であり、野良猫だったジョンをシャーロックに引き合わせた仲人(?)でもある。彼女はグレッグにとってもいい相談相手であり、仲の良い友達であり、そしてもしかしたら、ロマンチックな関係にもなれるかもしれない、大切な女性なのだ…。

---------

続きを読む

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

Most Ghosts Are Idiots

Most Ghosts Are Idiots
Author: GoldenUsagi
Characters: John, Sherlock, Mrs.Hudson, Mycroft
*厳密にはスラッシュではなく、ふしぎなかたちの「ブロマンス」です。

アフガニスタンから帰ってきて、住むところを探していたジョンは、ベイカー街にすてきなアパートを見つけた。立地の割に家賃がとても安い。行ってみたら、やさしそうな大家さんがいて、部屋には寝室が二つもついている。なんだかおかしいような気もしつつ、こんなありがたい話はない、とジョンはすぐに住むことに決める。

おかしなことは引っ越しが終わった夜から始まった。ドアが勝手に閉まる。理由もなく点滅する明り。そして配管をガンガン叩く音。挙句の果てに、曇った鏡に「出ていけ」のメッセージが現れる。ジョンは大家さんに話を聞いてみた。とうぜん、彼女は事情を知っていた。これまでにも幽霊騒ぎで何度も居住者が変わったそうだ。大家さんは、部屋にとりついているのは以前ここに住んでいた男だと言った。彼の名前はシャーロック・ホームズ。探偵をしていたらしい。「いい子だったのよ。(変わっていたけど)」大家さんはそう言った。

ジョンは部屋に戻り、宣言した。「ぼくは出ていかないぞ」
その日の夜遅く、彼はどこかでヴァイオリンの音を聞いた…。


----------------

続きを読む

テーマ : 二次創作
ジャンル : サブカル

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。