スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

casebook

うちの近所の本屋でまで売っていて正直驚きましたCASEBOOK。
買うべきか買わざるべきか…
というか私、英語版持ってるわけですがしかも2冊も。
アマゾンのレビューでは翻訳家の方がご立腹の模様ですし
校正を素っ飛ばした拙速な出版だったのかなという印象もあります。むむ
店頭でパラッと見て保留することにしました。

と いうよりもあまりに英語でいろんなものを読んだり見たりしすぎたので
他の人による日本語に違和感がありまくりなんですよね。正直
(日本語での二次創作に食指があまり動かないのはそのせいかもしれません)
もう一人称からして何か違和感なんですよね。
私の中では
 ジョンの"I"は「僕」と「俺」の間
 シャーロックの"I"は「僕」と「私」の間
っつー感じの響きでしてこれはもうどうしようもないんですよね
ちなみにマイクロフトは「私」と「吾輩」の間です←真顔

あと手書きじゃないんですね日本語版。
英語版では
「シャーロックの手書きがなんかカワイイ」
「ジョンは(アナログ人間っぽく)いかにも文章を書き馴れている筆致」
とかいろいろ面白いですよね


拍手くださっている皆様、ありがとうございます。
コメントもありがとうございました!
遅くなりましたが、いかにお返事一件をば
-----------
スポンサーサイト

続きを読む

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。