スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンダムニュース的な

年度末が近づくにつれ色々仕事が立て込んでましてさらに更新が滞り申し訳ありません。
aoiさん、マイヤさん、ありがとうございます!お返事できないのですが…ありがとうございました!
他に拍手くださったみなさま、ありがとうございます!

ファンダム的に今最も熱いのはおそらく古典的名作AU"Performance in a Leading Role"の続編、"Lifetime Achievement"の連載が始まったことでしょうか。
あとはこれですね"The Sign of Three"で一瞬描かれたマッチ箱事件の真相をコミカルに描いた"Inexplicable"。いわゆるボディスワップものです。昭和な人には大林宣彦の「転校生」的な…といえばおわかりになるかも。
こちらは"A Cure for Boredom"のEmmaの作品で、現在快調に(エロ的な意味でも)飛ばしてます。
(どっちも基本的にジョン×シャーロック×ジョンなので受攻気になる方はお気を付けください)

最近出会って複雑な思いになりつついいなあと感じた作品は"the breath that passed from you to me"。
これは第3シリーズ放映前に描かれたシャーロック×モリーです。
シャーロックの不在の間に彼と関係をもち、子供を産み、誰が父親なのか明かさずひとりで育てることになるモリーの話。
彼女固定の視線で描かれているのですが、シャーロックとの曖昧な関係がモヤモヤと苛立たしくじれったく、なにか心当たりあるようなないようなで、なんともいえない気分にさせられるかた、多いのではないでしょうか。
グレッグとモリーをカップルにしたい(私ですが)派およびジョンロック派にとっては葛藤を感じる物語かもしれませんが、この二人をカップルとして描いた作品の中ではリアリティの意味においてダントツだと思います。第3シリーズ前の作品なのですが、第3シリーズで見せたモリーの芯の強さがすでに見越したように描かれているところも面白いです。
(ジョンの存在が容赦なくに背景の一部に落とし込まれているところも非常に良いです)
スポンサーサイト

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。