スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heck.

4月はほぼ更新できぬまま終わってしまったのですが、
ゴールデンウィークに入ってようやくゆっくりしております。はー
年をとるとともに忙しさに体力知力がついてゆかぬことを痛感しております。

拍手くださったみなさま、コメントくださったみなさま、ありがとうございます。
Aoiさん、yasufroggyさん、コメント頂きましたのにお返事出来ませず申し訳ありません。
(イワトビさん、メールさせて頂きました!)
でもひとこと…aoiさん…「ミラーズ・クロッシング」は私何回BC&MFで脳内再生したことか…!
ガブリエル・バーン=ベネディクト、アルバート・フィニー=マーティンで完璧でしょう!
完璧すぎるでしょう!(荒すぎる鼻息)
あの切ないラストシーンを見たいわーあのふたりで見たいわー!
そしてyasufroggyさん、懐かしいです…たしか「アナザーカントリー」が第一次英国美青年ブームと
言われて、その後「眺めの良い部屋」「モーリス」で第二次だった記憶があるんですよね。
(そして私の先輩であらせられますね!笑)
私はその後英国モノでもゲイリー・オールドマンとかロバート・カーライルとかの下町系(笑)に
進んでしまいましたが…ははは…
見た作品は多くないのですが、私はトム・コートネイとか大好きですね~。

で最近の私はというと1にも2にも「ファーゴ」ドラマ版にはまっとるわけですが
マーティンのいじめられっ子ぶりというか小人物ぶりというか
いやもうたまりませんよね!
メディア露出も多くて嬉しい限りです。
(Entertainment Weeklyの彼に関する記事については賛否あるみたいですが、
私は彼のある種の側面をよく掴んでるんじゃないかなあとも思いました)

で1と2が「ファーゴ」で3番目は相変わらずスラッシュ読んでるんですけども
長編展開していて途中まで読んだらもう最後までつきあうしかないじゃない
みたいなたちの悪い(書き手さんゴメンなさい)作品が最近では多くて
なかなか苦労しております。

最近読んでおりますのはセンチネルものとomegaverseが合体した(大抵この二つは合体してますが)AU、"Latent"(WIP)。書き手さんはこの作品以外でも同じテーマで長編を書いておられます。シャーロック×ジョン固定ですが、やや青くさくて坊っちゃんじみたシャーロック(でも攻め)と、めちゃくちゃ身体能力が優れていてバッタバッタと敵をなぎ払う(でも受け)ジョンの組み合わせが非常に新鮮です。オリジナルキャラが多かったり、物語が紆余曲折たどるのもこの書き手さんの特徴なのですが、長編につきあってみたい方(かつ、BAMFなジョンがお好きな方)にはお薦めいたします。

もうひとつは"Il Traviato"。生活に行き詰まってホームレスすれすれだったジョンが、たまたま身分を偽って事件の捜査をしていたシャーロックの目にとまり、シャーロックの申し出で、(ベッドも共にする)かかりつけ医兼仕事のアシスタントとして彼が長期滞在中のホテルに共に住むようになる…という「プリティ・ウーマン」を下敷きにしたAU。一応これもシャーロック×ジョン固定(だったと思う)ですが、シャーロックは他キャラからはかなり迫られて(絡みはないですが)ややフェミニンな雰囲気っつーか受けくさい雰囲気なので、ちょっとその辺好き嫌いがわかれるかもしれません。でも、case ficとしてもしっかりストーリーが作られていますし、お互いにビジネスの範囲を超えて惹かれあいながらもうまくコミュニケーションがとれずに誤解を繰り返してしまうところなど、ラブストーリーとしてもイライラしながら(笑)読めると思います。

あとはエロですねエロ。ジョン受けでエロ。もともこもなくすいません。
結婚した二人のイチャイチャを描いた"Husband"(シャーロック×ジョン)。
フットボールのコーチ・レストレードと17歳のジョンを描いた"For The Picking"(レストレード×ジョン)。
どちらも実にやおいらしい直球な作品でスカッとします。(謎)

あ、あとそういえば、レビュー書くかどうか迷って結局書いていない不思議な作品がひとつあります。"Doctor Organ and John Watson"。非常に特異かつグロテスクな内容のAUなのですが、その特異さというか異様さが後をひく作品です。ストーリーを少しでも紹介するとおもしろみが失われてしまうのですが、Helicidaedeuxexmycroftの作品がおすきな方にはおそらくど真ん中ではないかと思います。

よし次こそはきちんと更新します。
スポンサーサイト

テーマ : slash
ジャンル : サブカル

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。