Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここについて

ここではBBC製作「SHERLOCK」を中心に、海外で創作されたファンフィクション、スラッシュを紹介しています。
スラッシュの場合、カップリングはJohn/SherlockまたはSherlock/Johnが中心です。
管理人の嗜好は日本風にいえばシャーロック×ジョン(シャーロック攻め・ジョン受け)ですが、スラッシュではリバーシブルがごく普通に行われていますので、紹介している作品では日本のようにどちらか固定で描かれているわけではないことをご了解ください。スラッシュ業界的にはシャーロック受け傾向が強い気がします。なんとなく。
また、私はややジョンびいきなので、彼を中心に取り扱ったものが多くなっております。
*当サイトでのカップリング表記についてはこちらもご覧頂けると幸いです。

このサイトの意図は、二次創作作品・スラッシュ作品の「批評」ではありません。
日本人があまり読まない(ような気がする)海外の作品には大変面白いものが多いので、中でも私が個人的に好きな作品を少しでも「ご紹介」できればと考えて始めました。
なお書き手さんご本人から、ここでご紹介することについてご了解を得ているわけではありません…(一部除く)

*すべて英語で書かれた二次創作作品です。
*日本国内の二次創作の状況(作品や作家さんなど)については(基本的に)触れません。
*演じている俳優さんのファンサイトではありません。まあしょっちゅう騒いでますけど。


(以下2013.8.27追記)
*このジャンル(俳優が演じるドラマ・映画など映像に拠った、とりわけ女性向けの二次創作)は日本国内の二次創作業界では注意深く取り扱うことが望ましいとされています。その観点から考えればここもパスワード制御すべきだろうかと思わないこともないのですが、
1)ご紹介する海外の作品はすべて一般公開されているもので(年齢制限あり)、
2)本場ファンダムでは、自ら公式に殴り込んだりせずに活動している限りは問題なし(むしろ何が問題ですかという強気なムードなのがまたスゴいのですが)という考えの方が多く、
3)まあ公式もウンザリ気味ではあるものの今のところはぼちぼちファンダムに寛容
というこれまでの状況を検討した結果、私はこのままの形で続けていこうと考えています。


登場人物紹介→ (主要人物編) (サブキャラ編)

作品を楽しまれたあとのお願い → kudo!を送りましょう

タンブラーやってます。(時々、背後注意です) → Are you still there?

詳細以下へ
------------------
*サイトの中でたまに言及している「英語の難易度」は、私の印象でのテキトーな判断です。基本的には「大学入試レベルの英語文法は理解できている、問題は語彙」という人であれば、辞書を使えば読める作品ばかりです。ていうか萌えさえあればどうにかなる。

「SHERLOCK」は英国BBCが制作したテレビのミニシリーズです。
本国では2010年7月に放映が開始され、1年ちょいに3本制作のゆっくりペースで進んでいます。日本では第一シリーズが2011年8月にNHK-BSで放映され、第二シリーズが2012年7月に放映されました。
現在までに放映されたのは6本。それぞれ90分です。
第一シリーズ(本国2010年7月)
1話「Study in Pink」(SiP)(ピンク色の研究)
2話「The Blind Banker」(TBB)(死を呼ぶ暗号)
3話「The Great Game」(TGG)(大いなるゲーム)
第2シリーズ(本国2012年1月)
1話「A Scandal in Belgravia」(ベルグレービアの醜聞)
2話「The Hounds of Baskerville」(バスカヴィルの犬(ハウンド))
3話「Reichenbach Fall」(ライヘンバッハ・ヒーロー)
第3シリーズ(本国2014年早春予定)
1話「The Empty Hearse」
2話「Sign of Three」
3話「未定」


タイトル通り、ベースになっているのはアーサー・コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズ。このドラマは舞台を21世紀に設定し、ストーリーも原作のモチーフを活かしながら新しいものになっています。
もし関心おありでしたら…まずはオフィシャルサイトをご覧下さるとよいかもしれません。

角川: kadokawa-d.jp/lineup/sherlock/index.html
BBC One: www.bbc.co.uk/programmes/b018ttws
NHK:www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock2/index.html

なお当管理人は吹き替えでなく元の音声でご覧になることを強くお勧めします。全然声違うから。キャラクターの印象もガラッとかわると思います…。



ドラマの面白さはもちろんなのですが、シャーロックを演じたベネディクト・カンバ―バッチの特異な美形ぶりと、ジョンを演じたマーティン・フリーマンの安定感ある優しい佇まいが大変魅力的。まあ当然の如く 萌えェェェェ とその道に走った人が多かったと思われます。
(ちなみにレストレード警部を演じているのは、かつて一世を風靡したかもしれない映画「モーリス」でアレックを演じていたルパート・グレイヴスです)

かつ、アーサー・コナン・ドイル原作のシャーロック・ホームズシリーズについても暗に指摘されてきた、また2009年のガイ・リッチー監督の映画「シャーロック・ホームズ」でもそれとなく描かれていた『ホームズとワトソンの間に存在するかもしれない友情以上の関係(bromance)』が現代だとどう見られるか、という点にも触れています。二人は他の人物にたびたび恋人同士だと勘違いされ、また、互いのセクシュアリティについて会話するシーンがあり、これが思わせぶりだったために、これはもう公式と興奮した人もいたとかいなかったとか。

問題のシーンは以下でご覧頂けます(アスペクト比が違ってますがご了承を)
前半ではジョンがシャーロックの"date"(彼氏)と勘違いされて慌てて否定、1:32あたりからキモな会話が始まります。




シャーロックがゲイだと認めているようにもとれないこともなく、またジョンの表情から彼がバイセクシュアルであると曲解しようとすればできないこともない、というわけで、この場面が決定的要素になっていることはたぶん間違いなさそう。
第二シーズンでは「実際僕ゲイじゃないんだけど」とジョンが言っており、また、シャーロックが女性キャラと若干深めに絡む展開になってはいるものの、bromanceな関係は一層強化されています。相変わらずカップルと勘違いされるのも変わりなし。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。