Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C26] Tumblrにて :)

始めまして、こんにちは。

何時だったか、わたしのtumblrに載せた画像について「fan girling!!」とコメントがついていました。
悪口かなぁ?と、調べたりしたのですが、なんとなくのニュアンスしか掴めなかったので、こちらの記事を読んで、なるほど納得です☆
その他にも、気になっていたタグの説明がたくさんあり、tumblrをもっと楽しめそうです。
ありがとうございました ;*)
  • 2013-05-22 18:30
  • ニックホールデン
  • URL
  • 編集

[C27] ありがとうございます

>ニックホールデンさん
コメントありがとうございました!
これは私の適当な(二次創作的オタク業界での)解釈なので、実際とは異なるところも多々あるかと…。何か間違っていたらすみません!(一般的にはfan girlというのは二次元キャラや俳優に夢中になってる女子、という意味だと思います)

タンブラーはいきなりおもしろい流行が生まれたりして追いかけるのは楽しいけど大変ですよね(笑)。ちょっとでもお役に立ててましたら幸いです!

あと私、ピーターが結構好きです(違うかな?)
  • 2013-05-24 21:55
  • オギ
  • URL
  • 編集

[C77] 用語集、非常に役立ちます

はじめまして。

最近、海外ファンフィクを読み始めたのですが、作品のタグで意味が分からないものが多かったので、この用語集は大変ありがたいです。
ありがとうございました!
  • 2016-11-19 09:32
  • ハマダ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

どうでもいいスラッシュ用語集

なかなか忙しくて更新できないので、
今さら私がやる必要もないんだけどスラッシュ界隈でよく見かけるオタク用語をなんとなく挙げてみます。順不同。
訳語ではなく、私がフィーリングで解釈した表現です。随時更新。

詳細以降へ

2014.8.26更新



------------
kink
いろんな意味での(主に性的な意味での)「嗜好」。よく登場する"kink meme"は、LiveJournal上で展開されている二次創作のお題コミュニティのことを指す。匿名で誰かに書いて欲しいテーマを投げかけると、匿名で(若しくはコテハンで)誰かがそれに応じた作品を書いてくれる。時に傑作が誕生している。

prompt
上記"kink meme"で提示される「お題」。これに応える作品を"fill"と称する。

fan girl
もともとは特定の俳優やミュージシャンの熱烈なファンである女子を指すのだと思うのだが、この業界に関して言えば「女オタク」に限りなく近い、しかしもっと明るい(笑)響きを持つ。その中に「腐女子」も含まれるが決してイコールではない。が、日本で「女オタク=腐女子」と解釈されることがあるのと同様の現象があちらでも起こっているようなので、fan girl=腐女子、と断言してしまうのには躊躇するところではあるのだが…日本でいう腐女子の皆さんがfan girlを自称しているところを見ると…まあそれでもいいのかも…

anon
"anonymous"、つまり「匿名さん」。"Hey, anon!"というように呼びかけにもそのまま用いられる。のちに固定ハンドルネームをカミングアウトすることをde-anonと言う。

Britpick
英国(かつイギリス英語圏)以外に住む書き手が英国を舞台にした作品を書く際に、英語の文体そのものや作品の設定、キャラクターの言葉遣いが「イギリス(英語・文化・地理云々)にきちんと合っているかどうか」をチェックすること。なお英国云々とは関係なく作品自体の校閲を行うことをbetaと呼び、それを行う人のことをbeta readerと呼ぶ。日本ではあまりないね。こういうシステム。

pairing
カップリングという表現はたぶん日本固有。ワールドワイドでは"pairing"と表現する。"shipping"と表記する人もいる(動詞形"ship"については後述)。

OTP
"One True Pairing"。ファンダム内で自分が一番に支持しているカップリングを表明する際に使われる。"Sherlock and John are my OTP!"とか。なおカップリングを妄想/支持することを"ship"とも表現する。例:"I am shipping Sherlock/Irene."

top and bottom
「攻め」と「受け」。dom/subという表記も多いのだが、これはSM的な色合いが強く、肉体的だけでなく精神的な意味での力関係も暗示しているように思われる(必ずしもそうであるとは限らないけど)。
しかし、"Sherlock/John"と書いたからといって左が攻め、右が受け、というわけではない。むしろ左が受け、右が攻めのことが多いのだが、日本のようなキッチリとした決まり事ではなく、以前も触れましたが、これほんと謎。
日本と違って攻受左右固定派はあまり多くない模様で、どちらも柔軟に描く著者(と楽しむ読者)が多いため、「リバあり」という注意書きは基本的に必要ない。しかし「どっちのほうがより好みか」という嗜好は確実に存在するために、(日本と同様に)「○○は攻めじゃなきゃ!」「××が受けなんてやだ」というこだわりを押しつけちゃう御仁もいるようだ。これがきっかけに起こる論争を一部では"position war"と呼ぶらしい。
なお「肉体的には受けだけど精神的には攻め」な絡みを行うことを"topping from bottom"と表現する。

PWP
"Porn Without Plot"もしくは"Plot? What Plot?"。つまり「やまなし おちなし いみなし」。どエロい絡み主体の作品。「ストーリー性はあるけどやっぱりエロ」な作品を"Porn With Plot"と称する方も最近増えてきた。

NSFW
"Not suitable/safe for Work"。絡みや裸体をあからさまに描くイラストについての注意書きで「背後注意」の意。

"Unf."
タンブラーやお題サイト(Kink meme)でよく使われる。"Universal Noise for Fucking" という説があるようだが、オタク的にはいろんな意味で美味しい写真とかNSFWなイラストとかPWPとかに巡り会ったときについ洩らす喜悦の呻き声を表す。悦びが激しくなるにつれ"uuuunhhhfff"とか"uuuuuunnnnnff"とか引き延ばされてゆく。

asdfghjkl
「くぁwせdrftgyふじこlp」のこと。

GPOY
"Gratuitous Picture Of Yourself"の略。もともとは(他人からするとかなりどうでもいい)自分の写真をタンブラーなどにアップする際にタグとして用いられた。転じて、自分の写真ではなくても「お前は俺か」的な意味をこめて、他人の(他の動物の/フィクションのキャラクターの)写真にタグ付されることがある。気がする。

WIP
連載中("Work in Progress/Process")。そのうちRIP("Rest in Peace")になってしまうこともある。

POV
"point of view"。とあるキャラクターの視点に立った物語を展開しますよ、という意味。"John's POV"といったらジョンの視点からの物語ということになる。(主人公の一人称か三人称かは問わない)

canon
「公式」。正史。聖典。「原作に基づいた解釈」。しかし"my head canon"と言っているケースは「私の頭の中では公式」というような意味合いで、ほぼ公式ではない。

OOC
"Out of Character"。書き手が自分の萌え傾向を優先した結果、canonからキャラクター像がかけ離れてしまっていることを意味する。「よく泣くシャーロック」というのは典型的なOOCではなかろうか。多くの読み手は話が面白ければ(or萌えられれば)OOCでも別に気にしないので、決してマイナスというわけではないのだが、念のためにタグやauthor's noteにこう書く作者も多い。なお反対に「公式通り!」という描き方を"in character"という。これは読み手からの賞賛の言葉に含まれることが多い。

R&R
"read and review"。「読んだら感想書いてね!」という著者からのアピール。

AU
Alternative Universe。日本でいうところのパラレル。

smut
エロ。

fluff
フワフワした感じの甘い話。ラブラブとか。ほのぼのも含まれる気がする。

angst
登場人物の心理的葛藤が描かれた作品。日本語で言うところの「シリアス傾向」に当たるだろうか。これだとザックリしすぎるかもしれないけど。

H/C, hurt/comfort
一方が(肉体的<精神的に)傷つき、もう一方がそれを癒す話。angstとセットになることが多い。

non-con
正確には"non-consensual/consent"。合意のない強要された性行為(つまりレイプ)を描く作品。一方で、レイプほど暴力的ではないが(時には表面上合意が存在することも)強いられた性行為(売春など)を描く場合には"dub-con"(dubious consensual/consent)と表現する。

TW
ツイッターのことではなく"trigger warning"の略称で「あなたの気分を著しく害する可能性のあるコンテンツがあります」という意味をさす。作品の最初に表記されることが多い。とくにレイプや暴力描写については必須(例:"TW:explicit description of violence"のように)。あちらでは攻受の右左については鷹揚なのだが、TWについてはきちんと読み手にわかるよう冒頭に書いておくことが強く求められる。表記を怠ると、読者と書き手の間にトラブルが起こることも…。

mpreg
male pregnancy。男性キャラが妊娠する話。ふたなり的な設定によるエロ話を伴うことが多い。

○○!××
「!」の右側は主にキャラクター名。左側にはそのキャラクターをどのように描くかをおおまかに説明する名詞や形容詞が来る。たとえば"Wing!Sherlock"であればシャーロックに翼がある話だということがわかる。「@」に近い意味合い。

BAMF
オタク用語ではないけども念のため。"bad ass motherfucker"。なんといっていいか表現に難しい。たとえば「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソンは私の中でBAMFのイメージに近い。女性でいえば日本のマンガ「ブラックラグーン」に出てくる女性キャラは全てBAMFだとも思う。スラッシュ的には単に「クールな漢(姐)」という意味に近い形で用いられているかもしれない。

drabble
100ワード前後の超短編。関連のあるものないものを複数まとめて小品集として発表されることが多い。

OC/OMC/OFC
original character/original male character/original female character。要するにオリキャラ。

crack
主に"crack!fic"という表現で使われる。設定や物語の筋がナンセンスで、著者が「これはジョークだからね!」と強くアピールをしたいときに用いられる。気がする。

lube
lubricant(潤滑剤)。スラッシュは日本よりも絡みの表現がリアルなことが多い。そのため、挿入を伴う性行為を描く際にはほぼ必ず登場する、スラッシュの必須アイテム。しかし大抵、どこでおっぱじめても魔法のようにあらわれる(外だと何故かシャーロックのコートのポケットに入っていて路地裏で活躍すること多し)という意味では全くリアルではない。

genderbend
登場人物の性別をひっくり返す女(男)体化のこと。女体化の際には"Fem!誰々"、と表すこともある。

slash goggles
これを通して「親密な友人関係を築く二人のキャラクター」を覗くと、俄然ロマンチックな関係に見えてくる、という摩訶不思議なゴーグル。書き手も読み手も標準装備していることが多い。

omegaverse
alpha/beta/omega dynamics

つっこんで説明すると長くなりそうなのでとりあえずここの項目に記述しました。

orphan_account
小説投稿サイトAO3において、何らかの事情で創作をやめてしまった書き手さんが、自分の作品をアカウントから切り離して、皆が自由に読めるようにアーカイヴとしてAO3に作品保存を委託している場合に、作者名として登場する名前。元々の書き手さんのアカウント名の横に(orphan_account)と記載されている場合には、その書き手さんはすでに創作をやめてしまっている(少なくともそのジャンルでは)ということになる。好きな作品が突然削除されてショック…という経験がたびたびある読み手からすると、非常にありがたいシステムである。同時に、好きになった書き手さんがその時点ですでにorphan_accountである場合も少なからずあったりして、切ない気分になるシステムでもある。

---以下SHERLOCKファンダムで特有の表現---

Johnlock
ジョンとシャーロックのカップリングのこと。ただしこの呼び方が嫌いで採用しない人もいる。
このカップリング愛好者をJohnlock shipperと呼んだりする。

Mystrade
マイクロフトとレストレードのカップリング。

MorMor
ジム(・モリアーティ)とセバスチャン・モランのカップリング。
スポンサーサイト

コメント

[C26] Tumblrにて :)

始めまして、こんにちは。

何時だったか、わたしのtumblrに載せた画像について「fan girling!!」とコメントがついていました。
悪口かなぁ?と、調べたりしたのですが、なんとなくのニュアンスしか掴めなかったので、こちらの記事を読んで、なるほど納得です☆
その他にも、気になっていたタグの説明がたくさんあり、tumblrをもっと楽しめそうです。
ありがとうございました ;*)
  • 2013-05-22 18:30
  • ニックホールデン
  • URL
  • 編集

[C27] ありがとうございます

>ニックホールデンさん
コメントありがとうございました!
これは私の適当な(二次創作的オタク業界での)解釈なので、実際とは異なるところも多々あるかと…。何か間違っていたらすみません!(一般的にはfan girlというのは二次元キャラや俳優に夢中になってる女子、という意味だと思います)

タンブラーはいきなりおもしろい流行が生まれたりして追いかけるのは楽しいけど大変ですよね(笑)。ちょっとでもお役に立ててましたら幸いです!

あと私、ピーターが結構好きです(違うかな?)
  • 2013-05-24 21:55
  • オギ
  • URL
  • 編集

[C77] 用語集、非常に役立ちます

はじめまして。

最近、海外ファンフィクを読み始めたのですが、作品のタグで意味が分からないものが多かったので、この用語集は大変ありがたいです。
ありがとうございました!
  • 2016-11-19 09:32
  • ハマダ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。