Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むむ!むむむむむ!

何だろう。何かに似ていた。この展開。どこかでこういう小説か映画見たぞ。
とずっと思っていました。CUBEじゃない。SAWでもない。でも何かあった気がする。
思い出せない。

いや正直こういう話嫌いじゃないんだけど・・・わりと好きなタイプの話なんだけど・・・
なんか展開の仕方がドクター・フーとかでありそうな感じだなあって気がしました。

一応続きは以下へ。
本編ごらんになってない方はくれぐれもお読みにならぬよう。

続きを読む

レビューを読みながら


Tumblr上のいろいろなレビューをつまみ読みしておるところですが、
うん、わりとマイナスレビューが多いのね・・・まあそうかもね・・・やり過ぎだったかもね・・・
主にというか確実にジョンの描写が
人格疑われそうなのですが私は「ここまで乱暴に描写せんでもなあ」程度だったので、
いろいろな方のいろいろなmetaや超批判的なものも含めたレビューを読むと、あらためて、
確かにそうとらえるかたがいるのもわからないでもないですし、(もはや取り戻せないくらい)
失望してしまった人がいても当然なのかなあと思っております。
とくにjohnlockよりにロマンティックな関係を重視している方はその失望激しいのかなと。

個人的にはこちらの方の感想ivyの感想が非常に腑に落ちていますが、
あくまでわたくし個人の印象です。

拍手、コメントありがとうございます!
お礼を一件、以下に。

続きを読む

明けたらSHERLOCK

明けましておめでとうございます。
年末年始から三連休に食い込むくらいまで実家で過ごした後に戻ってきたわけなんですが
もう社会人に戻れるとは思えないのに明日から仕事復帰。つらい。

今年はiTunesで1話と2話(は、まさに今朝でしたね)をダウンロードして鑑賞いたしました。

主に若手のハードコアなJohnlockerな方々は第3シリーズでほぼ淘汰されちゃった感があったので
私が常日頃チェックしているTumblrで第4シリーズを待っている方は、
Johnlockerだけどそれはそれ、これはこれで番組として楽しんでいる人、もしくは、そもそも
Johnlockerでない方(純粋にシャーロックものとして鑑賞している人)や俳優のファンが中心かなって感じで、
metaもかなり腐女子度低めなのが多く、わりと安らかに鑑賞前後を過ごせています。
しかもみんな年齢層が高い(たぶんオーバー40中心)。

で第4シリーズですけどね
なんかガーディアン紙とかで評判悪かったようですけど、
個人的にはですね、意外や意外、かなり楽しんで見ております。
というのはドラマがまた「ジョンの物語に戻ってきた」からです。
第1シリーズ、第2シリーズって、私の中ではジョンの物語なんですよね。
我々はジョンの視点にたって、彼の感情の揺れ動きの中からシャーロックを見ていたと思うんです。
第3シリーズではともかくそこが非常に不満足な出来で、彼のおざなりな描かれ方に
私は激怒したわけですが(痛い人ですいません)、
この第4シリーズでは再びジョンの視点に物語が戻ってきた気がしました。

ジョンの感情のぶれは非常に細やかに描写されているので、マーティン好きの人は
たいそう満足できるんじゃないかと思います。
ジョンがシャーロックを責めるくだりはゾクッとしました。


あとは第3シリーズの無理矢理な展開を収拾するのに第4シリーズの2話分かけたかな
みたいな印象かなあ。なんとなく。
1話の評で、質の悪い007みたいになっちゃった・・・って書いてあるのをどこかで見た気がしますが、
いやそれ第3シリーズですでにそうじゃなかった?メアリーをあんなふうに造形した時点で・・・
とか私思いましたしね。(そもそもこのシリーズの荒唐無稽な展開は第1シリーズからのものですし)
モフティスもあの第3シリーズの出来の悪さに忸怩たるものがあったんじゃないか、なんてうがった見方も
してしまいました。あれをどうやって収束させるかと知恵を絞ったのではないかと。
いや私は確信しているよ。第2話を見て。
この第4シリーズこそが真のライヘンバッハ後の和解と赦しの物語ではないかと。
いや少なくともこの1話と2話はそのための物語であった。
(メアリーがそのための駒になったキャラクターだなって気がしてかなり気の毒ですけど)

あとつれづれに書いてみると、
1.相変わらずいろいろと荒唐無稽でテキトーな物語展開ですよね(褒めてます)
2.イギリス映画(ドラマ)界の不気味王、トビー・ジョーンズの使い方が非常に贅沢です。
まさかこの第2話だけで退場しちゃうとしたらもったいない。
3.お花とジョン(第1話)
4.ハドソン夫人が、すごい大型バイクにまたがっていた人物がヘルメットを脱いだら長い髪を
なびかせる美女(黒木メイサ的な)だった、みたいなそんな感じでした(謎)
5.私、アイリーンが引き合いに出されるくだりは非常に良いなと思ったのですが、なんか
あんまり受けてないみたいですね。
6.もしアレがソレだったらホームズ両親のあの普通さは何なの・・・
7.いやそれは何でもやり過ぎじゃないの(第3シリーズの最後のマイクロフトのセリフが伏線ではありますが)
8.もうちょっと普通にホームズの物語に戻ろうよ~

第3話がいやな感じのクリフハンガーで終わりそうなんですが。
もうやめようよ、そういうの。頼むよ・・・


では、続けてお礼を。

続きを読む

お久しぶりです

広告が出て長くなってしまいました。お久しぶりです。生きておりますオギです。
自分の中でSHERLOCKがわりと落ち着いてきた(シリーズ3がアレでしょ・・・仕方ないでしょ・・・)のと
仕事の忙しさが半端ないのとMARVEL熱(というかWinterhawk熱)が微熱程度ながら持続しているのとちょっと隠れておりました。
このブログSHERLOCK中心っていっちゃってるので他ジャンルやっちゃっていいもんなのだろうか。
と我がブログながら悩むところであります。
いくかなあ。Winterhawkで。←また間口せますぎるカップリングにはまりました

今週末は東京コミコンですね・・・みんないくのかなあ・・・いいなあ・・・
行かれる方、絶賛仕事中な私のかわりにジェレミー(と彼のケツ)を拝んできてください。
サインとフォトブース両方いける人、ヒジョーにうらやましいです。
でもそのまえにコミコンちゃんと人が集まるのかどうかが非常に不安。
ゲストがマニアックすぎるのもちょっと不安。(よけいなお世話はなはだしい)

あとなんですか「シャーロック」の日本版ファンコミュニティが発足したんですか。ほおお

でもそんなこんなしてたらシャーロックの第4シリーズがあと一ヶ月に迫っている。
今度ほんとどうなんでしょうか。私ね、個人的に赤ちゃんだっこしたジョンがシャーロックを追いかける図とか
大好きなんですけどね。そういうの見たかったんですけどね。
でも、内容としてはもうちょっと、ちゃんとした(というと語弊あるけど)「シャーロック・ホームズ」っぽいドラマが見たいんですよ。
だいたい毎シリーズ中2話くらいはミステリー風味だから、今度もそうじゃないかとは思うんですけど、バスカヴィルくらいのクオリティのやつがやっぱり観たいんですよ。(「忌まわしき花嫁」も頑張ってはいましたけど)
でもなんか無理なんじゃないかって気がするのよねえ・・・どうなの!モフティス!

で一件お礼を。
ハマダさん、静まりかえっていたこのブログにコメントありがとうございました!
内容ちょっと古くなってしまっていますが、お役に立てていましたら幸いです!

どうすりゃいいの



どうしていいかわからないので戻ってきました(謎)
どうすれば・・・何これ・・・

かつ、ものすごく遅くなって恐縮ですが(恐縮してもしたりない)
ゆきさん、コメントありがとうございました!
私は抗っています・・・・Stuckyには転ばない!(なのにPintarestにはStuckyコレクションが・・・何故)
というかペギーという素敵な女性キャラがいるので(あと私はシャロンも好きなので)
スティーブには妄想の中でも彼女らと幸せになってほしいのです(笑)
マーベルはだいたいそんな感じですね。女性キャラが良いのでストレートに腐萌えしにくいというか。
その中でWinterhawkは「誰得」かつ「何でまた」的なところが、深読み系(行間読み過ぎる)日本産腐女子には
非常に受け入れやすいのですよね・・・・私だけかもしれませんが・・・・

Appendix

プロフィール

オギ

Author:オギ
そろそろオタクから足を洗おうかと思っていたのに、ウッカリ深みにはまりました。ウッカリしすぎました。嗚呼。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。